古本の買取査定NAVI

読まなくなった本が実はプレミア価格がついて高値で売れるということって実はよくあるケースなんですよね。アナタの本の金額を調べたことありますか?

トップページ > 買い取りできない本
買い取りできない本

いらなくなった本は古本買い取り業者に売って、不要処分と同時にお小遣いゲットといきたいところですが、買い取りできない本もあります。事前に確認しておくと、ワクワクしながら買い取り査定→買い取り額ゼロでガックリ、という図式を回避できます。また、買い取り対象になる本を選んで査定に出すことができるようになります。 

本の場合、汚れている本は値段がつかないことが多いです。表面に破れや日焼け、しみや臭いがある本は買い取ってもらえません。本は水にぬれるとボコボコになるものですが、そういう本もだめです。表紙カバーがない本は買い取りできません。乱丁や落丁のある本は買い取りできません。 

通信販売関連商品や通信教育のテキストは、買い取り不能としている古本買い取り業者が多いです。利用価値が高そうに見えますが、買い取ってもらえません。通信販売カタログも買い取りできません。 

本に対して雑誌は、買い取りできないことが多いです。コミック雑誌、週刊誌などです。掲載されたマンガが単行本化されていれば売れるのですが、雑誌のままでは買い取りにならないことが多いです。 

百科事典は買い取り不可、としている古本業者が多いです。百科事典は買うときもけっこうな値段になって、査定もできそうな感じですが、不可としている場合が多いです。教科書や入試過去問題集も買い取りしていない場合が多いです。 

流行に左右され、情報が古くなりがちな、TVガイドや経済関連の本なども買い取りできない場合が多いです。 

関連エントリー
Copyright © 2010 古本の買取査定NAVI . All rights reserved