古本の買取査定NAVI

読まなくなった本が実はプレミア価格がついて高値で売れるということって実はよくあるケースなんですよね。アナタの本の金額を調べたことありますか?

トップページ > 拭いてから査定に出そう
拭いてから査定に出そう

いらなくなった本を古本買い取り査定に出す前に、キレイにしておくと、査定金額が高くなります。キレイな本の方が高く買い取ってもらえるからです。逆に言うと、汚れた本は、買い取ってくれない可能性があります。だから、少しでも有利な条件で買い取り査定をしてもらうために、査定の前に本をキレイにしましょう。 

コミックでも書籍でも、読んでいくうちに表面にホコリや汚れがついてしまいます。なんとなくべとついてきてしまいます。これを住居用洗剤でキレイにできます。ドラッグストアでよく売られているやつです。床や家具にシュッとスプレーしてふきんで拭くと、キレイになる洗剤、それを薄めて使います。お部屋の掃除の時は、そのままスプレーして使えますが、本に使うときには薄めて使いましょう。水を足して、家庭用洗剤2に対して水8くらいの割合で薄めて、霧吹きに入れて使います。 

スプレーするときは、本に直接スプレーしてはいけません。水濡れ状態になって、ベコベコになってしまいます。ぞうきんなど、柔らかい布にスプレーして、その面を本に当てて拭きます。こうすることで、べたつきや汚れがとれてキレイになります。軽く拭くだけでキレイになるので、買い取り査定のために郵送する前に、ぜひやっておきたいです。少しの手間で買い取り査定額を高くできます。 

家庭用洗剤を薄めて使うので、刺激は少ないです。でも手荒れが気になるときにはゴム手袋をつけてやるといいかもしれません。

関連エントリー
Copyright © 2010 古本の買取査定NAVI . All rights reserved