古本の買取査定NAVI

読まなくなった本が実はプレミア価格がついて高値で売れるということって実はよくあるケースなんですよね。アナタの本の金額を調べたことありますか?

トップページ > CDの買い取り査定
CDの買い取り査定

古本買い取り業者は、本のほかにCDも買い取りしています。インターネット上で営業している古本買い取り業者の場合、本と同じようにCDを段ボールにつめて査定に出します。 

買い取りできるCDのジャンルは、邦楽や洋楽、クラッシック、ジャズ、サントラ、アニメなどです。要するにどんなジャンルでも、状態がキレイで需要がありそうだと見込めれば、買い取り査定で値段がつきます。ただ、買い取り基準を満たしていない場合は、難しいです。 

例えば、ジャケットや歌詞カードがキレイな状態でない時、買い取りできないと思っておいた方がいいでしょう。破れていたり、シミがあったり、日焼けがあるような場合です。日焼けに関しては、本と違ってCDのジャケットが日焼けすることはあまりないとは思われますが、破れやシミは十分に考えられます。将来売ろうと思っている場合は、キレイに使うようにしましょう。 

いくらキレイに使っていたとしてもレンタル落ちの商品では査定で値段がつきません。レンタル落ちというのは、レンタルビデオ店でレンタルしていたCDのことです。安価で購入可能ですが、ジャケットにシールが貼られていたりします。こういうものは買い取りできません。サンプル盤や非売品、ダビング品も買い取りできません。 

ディスクに傷があるものも買い取りできません。少しくらいなら大丈夫なこともありますが、あまりに目立つ場合は、一応聴けるにしても値段がつかないことが多いです。

関連エントリー
Copyright © 2010 古本の買取査定NAVI . All rights reserved